チラシ/プロフィール用の画像はこちらにあります





プロフィール (プログラム用 通常版)

東京芸術大学出身。チェルニー=ステファンスカに才能を認められ内弟子として学ぶ。 18歳で第46回日本音楽コンクールに優勝し、翌年NHK交響楽団との共演でデビュー。 「芸大のホロヴィッツ」と称され、華麗なヴィルトゥオーゾとして活躍。安宅賞・霧島国際音楽賞受賞。 N響はじめ国内主要オーケストラの他に、韓国KBS響、ミュンヘンプロアルテ室内管、ワイマール歌劇場管弦楽団等と共演。 ウクライナの国際音楽祭でリサイタル、イギリスに招かれレコーディング、ポーランドの国際音楽祭ではリサイタルやマスタークラスを行うなど、海外でも活動の幅も広げている。 NHK名曲アルバム、ベストオブクラシック、ニューイヤーオペラコンサートなど、数多くの放送に出演。 またNHK教育TV「トゥトゥアンサンブル」のメインキャラクター「キーボーズ」役では、華麗な演奏と喜劇役者顔負けの演技力で幼児から大人までの圧倒的な支持を得、翌1999年にはNHK教育TV「趣味悠々」に日本人クラシックピアニスト初の講師役として登場しさらなる人気を集めた。 巨匠J.スークに室内楽の名手として認められ、その高度な技巧に支えられた自由闊達で雄弁なスタイルにて、 P.シュミードル、V.フックス、W.シュルツ、ヤナーチェク弦楽四重奏団、新ブダペスト弦楽四重奏団、ヴィア・ノヴァ弦楽四重奏団、ザルツブルグ八重奏団、ウィーン・フィルやパリ管のメンバーなどと共演を重ね賞賛され続けるほか、 歌曲伴奏でもF.アライサ、L.アリベルティ、T.クラウゼ、D.グレイヴス、I.トコディ、H.ペーター・ブロホヴィッツ、V.ラ・スコーラ、J.ポンス、S.エステスをはじめ、 当代きっての多くの世界の名歌手達から厚い信望と絶賛を得て、わが国最高の名手という評価を不動のものとしている。 楽壇生活25周年記念アルバム「ヴィルトゥオーゾ〜展覧会の絵」をはじめ、 Jクラシック系の「マイ・ロマンス」や「アラウンド・ザ・ワールド」、トコディとの共演盤や室内楽等々、リリースの度に大きな話題となるCDも34枚を超え、いずれも高い評価を得ている。 近年は、人間味あふれる渋みとエネルギッシュな二面性を示し円熟を深める巨匠と各紙で評価され、また一方で超一流の話術を交えた究極のエンターテインメントなコンサートは他の追随を許さない。 日本の第一線演奏家との共演も数知れないが、NHK-FMラジオのパーソナリティーや放送作家、プロデューサー・作曲家・編曲家としても活躍。 20冊に及ぶ楽譜も出版され、雑誌への執筆などの評論活動、イラストの連載などマルチぶりを発揮する一方、毎日音楽コンクールをはじめ各コンクールの審査の他、各地でマスター・クラスを開く。 また京都フィル等を指揮し、指揮者としても活動。2003年には赤坂達三、足立さつきとスーパートリオ結成、2007年には楽壇生活30周年を迎え、東京文化会館で楽界のスターたちとのガラコンサートを行い大きな話題となる。 2012年はデビュー35年記念盤『79年のリサイタル』が「音楽史に残る歴史的録音」と評され、音楽各紙にも絶賛され、その存在感をさらに大きくした。 今、日本で最も広いファン層と知名度を持つベテラン・アーティストとして、文字通りマルチな活動を展開中。
ホームページ "斎藤雅広オフィシャルウェブサイト"  http://www.masahiro-saitoh.com/



プロフィール (チラシなど用簡易版・1)

東京芸術大学出身。チェルニー=ステファンスカに才能を認められ内弟子として学ぶ。18歳で第46回日本音楽コンクールに優勝し翌年NHK交響楽団との共演でデビュー、「芸大のホロヴィッツ」と称され華麗なヴィルトゥオーゾとして活躍。 安宅賞・霧島国際音楽賞受賞。国内主要オーケストラの他に、韓国KBS響、ミュンヘンプロアルテ室内管、ワイマール歌劇場管弦楽団等と共演し、ウクライナの国際音楽祭やイギリス、ポーランドの国際音楽祭でリサイタルを開くなど、海外でも高く評価された。 NHK名曲アルバム、ベストオブクラシック、ニューイヤーオペラコンサートなど、数多くの放送番組に出演。NHK教育TV「トゥトゥアンサンブル」のメインキャラクター「キーボーズ」役では、華麗な演奏と喜劇役者顔負けの演技力で幼児から大人までの圧倒的な支持を得、1999年にはNHK教育TV「趣味悠々」に講師として登場し、さらなる人気を集めた。 巨匠J.スークに室内楽の名手として認められ、高度な技巧に支えられた自由闊達で雄弁なスタイルにて、スーク、P.シュミードル、ヤナーチェク弦楽四重奏団、ヴィア・ノヴァ弦楽四重奏団、ザルツブルグ八重奏団等と共演を重ね賞賛され続ける他、 歌曲伴奏でもF.アライサ、L.アリベルティ、T.クラウゼ、I.トコディ、H.ペーター・ブロホヴィッツ、V.ラ・スコーラ、J.ポンス、S.エステスをはじめ、多くの世界の名歌手達から厚い信望と絶賛を得て、わが国最高の名手という評価を不動のものとしている。 楽壇生活25周年記念アルバム「ヴィルトゥオーゾ〜展覧会の絵」「マイ・ロマンス」「アラウンド・ザ・ワールド」の他、激賞されたトコディとの共演盤や室内楽等々、CDリリースの度に大きな話題となりロングセラーを続けている。 近年は人間味あふれる渋みとエネルギッシュな二面性を示し円熟を深める巨匠と各紙で評価され、また一方で超一流の話術を交えた究極のエンターテインメントなコンサートは他の追随を許さない。NHK-FMラジオのパーソナリティーや放送作家、プロデューサー・作曲家・編曲家としても活躍。 楽譜も多数出版され、雑誌への執筆等の評論活動、イラストの連載などマルチぶりを発揮する一方、毎日音楽コンクールをはじめ各コンクールの審査の他、各地でマスター・クラスを開く。 また京都フィルなどを指揮し指揮者としても活動。2007年に楽壇生活30周年を迎え、東京文化会館で楽界のスターたちとのガラコンサートを行い、大きな話題となる。2012年はデビュー35年記念盤『79年のリサイタル』が音楽各紙に絶賛され、その存在感をさらに大きくした。 今、日本で最も広いファン層と知名度を持つベテラン・アーティストとして、文字通りマルチな活動を展開中。http://www.masahiro-saitoh.com/



プロフィール (チラシなど用簡易版・2)

東京芸術大学出身。18歳で第46回日本音楽コンクールに優勝、翌年NHK交響楽団との共演でデビュー、「芸大のホロヴィッツ」と称される。 その後、巨匠チェルニー=ステファンスカに才能を認められ内弟子としてポーランドで学ぶ。 高度な技巧に支えられた自由闊達で雄弁なスタイルは絶賛を受け、ウィーンフィルやベルリンフィルのメンバーらと共演を重ねる他、アライサ、クラウゼ、ラ・スコーラ等の世界の名歌手からも信望が厚く、歌曲伴奏でも我国最高の名手という評価を不動のものとしている。 NHK名曲アルバム、ベストオブクラシック、ニューイヤーオペラコンサートなど、数多くの放送に出演。 またNHK教育テレビ「趣味悠々」講師、NHK教育テレビ「トゥトゥアンサンブル」の「キーボーズ」、テレビ東京「たけしの誰でもピカソ」、日テレBS「ブラボー!クラシック」、NHK「きよしとこの夜」「親と子のTVスクール」など、エンターテイメントなTV出演も多数。 NHKニューイヤーコンサート名古屋ほかコンサートの司会も好評。また作曲・編曲も手がけ、多数の楽譜が出版されている。CDは「ヴィルトゥオーゾ・展覧会の絵」などのソロから室内楽・共演盤など34枚に及び、リリースの度に大きな話題となっている。 2007年にはデビュー30周年を迎え、記念コンサートを大成功させ、2012年はデビュー35年記念盤『79年のリサイタル』 が音楽各紙に絶賛され、その存在感をさらに大きくした。 今、日本で最も広いファン層と知名度を持つベテラン・アーティストとして、文字通りマルチな活動を展開中。http://www.masahiro-saitoh.com/



プロフィール (チラシなど用簡易版・3)

東京芸術大学出身。チェルニー=ステファンスカに才能を認められ内弟子として学ぶ。 18歳で第46回日本音楽コンクールに優勝し、翌年NHK交響楽団との共演でデビュー。 NHK名曲アルバム、ベストオブクラシック、ニューイヤーオペラコンサート、トゥトゥアンサンブルの「キーボーズ」、趣味悠々の講師等、多数のTV出演で圧倒的な人気を集める。 ウィーンフィルやベルリンフィルのメンバーからも信望が厚く、室内楽や歌曲伴奏でも我が国最高の名手という評価を不動のものにし、現在最も多忙なピアニストとして縦横無尽な活動を展開。 今、最も広いファン層と知名度を持つベテラン大物アーティストとして活躍。NHKニューイヤーコンサート名古屋の司会も務める等、エンターテイメントな活動も多い。http://www.masahiro-saitoh.com/

チラシ/プロフィール用の画像はこちらにあります